TOP

CEO of Tech Bureau, Corp.
テックビューロ株式会社の代表取締役。
ブロックチェーン、ビットコインなどの暗号通貨、フィンテック、その他テクノロジー、ガジェット、自動車など。

  • Takao Asayama 朝山貴生さんに投げ銭する

このオーサーの記事一覧(25)

    • Takao Asayama 朝山貴生
    • CEO of Tech Bureau, Corp.
      テックビューロ株式会社の代表取締役。
      ブロックチェーン、ビットコインなどの暗号通貨、フィンテック、その他テクノロジー、ガジェット、自動車など。
      • Takao Asayama 朝山貴生さんに投げ銭する
  • 投稿記事
  • フォロー
  • フォロワー

Dysonのヘアドライヤーに学ぶブロックチェーンに対する姿勢

私は最新ガジェットが好きです。おそらく、今までにKickstarterとIndiegogoだけで5桁ドル以上は費やし、そのおそらく1/4は商品が届いてもいないでしょう。昨日も「絶対これ嘘だ」と言いつつ...

続きを見る

クリプト探偵ビトー EP.5 情報屋BAN爺

私はビトー。何の因果か、興信所では解決できないテクノロジー絡みのあらゆる相談を高額のBTC払いでのみ請け負うことから、人は私を「クリプト探偵」と呼ぶ。 我々クリプトに浸る者のコミュニティにも情報屋は...

続きを見る

クリプト探偵ビトー EP.4 論よりブロックチェーン

私はビトー。何の因果か、興信所では解決できないテクノロジー絡みのあらゆる相談を高額のBTC払いでのみ請け負うことから、人は私を「クリプト探偵」と呼ぶ。 私の仕事はコイン商法被害者の相手ではない。時折...

続きを見る

クリプト探偵ビトー EP.3 EVIコイン

私はビトー。何の因果か、興信所では解決できないテクノロジー絡みのあらゆる相談を高額のBTC払いでのみ請け負うことから、人は私を「クリプト探偵」と呼ぶ。 AGESENコインの一件で、資金の一部を取り戻...

続きを見る

クリプト探偵ビトー EP.2 コイン販売商法

私はビトー。何の因果か、興信所では解決できないテクノロジー絡みのあらゆる相談を高額のBTC払いでのみ請け負うことから、人は私を「クリプト探偵」と呼ぶ。 コイン販売商法。すなわち価格が上がると謳い、代...

続きを見る

クリプト探偵ビトー EP.1 BTC相続

私はビトー。何の因果か、興信所では解決できないテクノロジー絡みのあらゆる相談を高額のBTC払いでのみ請け負うことから、人は私を「クリプト探偵」と呼ぶ。 本日の依頼人は浦瀬美代子。都内在住の28歳。流...

続きを見る

法定通貨にペッグされた暗号通貨や仮想通貨の需要はあるのか?

先週、MUFGによる仮想通貨のニュースが話題に。 しかし、この発表を見る限り仮想通貨の定義から外れており、「コイン」と付いていても中身は単なる「通貨建て資産」にしか見えません。 実際、本件に...

続きを見る

mijinの新型コア『Catapult』のイラストができるまで。

先日、弊社でブロックチェーンプラットフォームmijinの新型コア「Catapult」の発表をいたしました。 この発表に至るまで、いつものごとくイラストレーターの斉藤さんとのやりとりが続いたのです...

続きを見る

事業体テックビューロとオープンソースコミュニティNEMとの新たな融合への挑戦

この度、mijinで開発して来たブロックチェーンのコアエンジンをNEMと共有すると発表しました。 オープンソースのプロダクトがコミュニティを形成していくという過程が通常見られる形態ですが、今回は既...

続きを見る

Zaifに取引履歴公開機能を付けました

Zaifに取引履歴公開機能を付けました。 早速何人か使って下さってますが、Hugahugaさんの取引量は半端ないですね! 是非お試し下さいませ。

続きを見る

テックビューロは大手町の「FINOLAB」内に東京営業所を開設いたしました

昨日より、テックビューロは日本初のフィンテック集積拠点である大手町の「FINOLAB」内に東京営業所を開設いたしました。 オフィスからの眺めは最高です。 と言ってもまだオフィスは空っぽです...

続きを見る

クラウドファンディングが日本でテイクオフしない4つの理由

数年前に、INDIEGOGOとKickStarterでのキャンペーンのお手伝いをするついでに、とことんクラウドファンディングについて調査と実践をした経験からの考察です。これに関しては、現在も日本で...

続きを見る

このKataribeブログの仕様が1,200文字までしか書けない理由

皆さんはQuartzという新鋭メディアをご存じでしょうか。 通常、米国の新聞の記事の長さは、紙面の上から下までの一段の記事で平均して700ワードだそうです。ですがこの「クオーツ」は、500ワードより...

続きを見る

銀行APIが教えてくれたフィンテックにも必要な「横ではなく外を見る」視点

私がPayment APIを実装した銀行が日本でも欲しい!と心から願っていることは先日以下の記事に書きました: 世界でも一般向けにまでフル機能APIを公開している銀行は非常に少ないので、同じ絵を見て...

続きを見る

ブロックチェーンを取り巻く自称有識者達の危険な勘違いを指摘する方法

新しい技術が出ると湧いてくる、分かったかのような物を言う人たち。 まさに #ブロックチェーン 界隈がそう言う問題に晒されておりまして、弊社サービス「mijin」が自称詳しい方たちの謎な非難を浴びて...

続きを見る

日本における銀行APIを取り巻くフィンテックの時代錯誤

2015年。そう、ついに今年、ようやく日本の銀行がAPIについて話し始めました。でも。。また今回も何かが違うのです。 彼らの話に出るAPIとは、バランス(残高)や、取引履歴トランザクションの取得が...

続きを見る

IoT+フィンテック+ブロックチェーンの甘い関係

先日、経産省のIoTコンソーシアムに加盟したものの、その現場では誰もそのビジョンについて語りません。そもそも見えていないのかもしれません。「インダストリー4.0」やら、我が国ではいつも通りボキャブラ...

続きを見る

ビットコイン規制の堂々巡り

先日、英国政府が各業態におけるマネーロンダリングとテロリスト利用におけるリスク査定を発表しました。 その結果、ビットコインは「銀行」と「現金」を大きく下回る最低リスク。 一方、パリの同時多発テ...

続きを見る

久々にカタリベ投稿テスト

ブロックチェーンで金融インフラのコストを1/10未満に。

続きを見る

嫌儲と日本とBitcoinと。

Tsuをネットワークビジネスとこきおろすが、Gemsについてはそうしない。 それが日本人心理。 Tsuはユーザーを紹介して登録させると金が貰える。だから汚い?Gemsは独自の暗号通貨が貰える。あ、...

続きを見る